肌を元に戻すために|ニキビ跡が悩みの種という人は多い|レーザーが悩みをかき消します
女の人

ニキビ跡が悩みの種という人は多い|レーザーが悩みをかき消します

肌を元に戻すために

刺青

人体への負担が少ない

刺青を除去する方法にレーザー治療を施すケースが多いです。レーザーの波長によっては、色素に当たることで熱を発し分解してしまうものがあります。その特性を利用することで、刺青を除去するわけです。刺青の色素というのは、表皮よりもさらに深い真皮層とよばれる部分に定着させています。そのため、外科的手法で除去するには人体に大きな負担をかけるだけでなく、傷跡も残ってしまいます。しかし、レーザー治療ならばレーザーを刺青のところに照射するだけなので、傷跡も残りませんし、人体への負担も小さいです。そのため、安心して施術できる方法として、幅広く利用されています。さらに一度の広い範囲を照射できるというメリットもあります。

長期的なスケジュール管理

ただし、レーザー治療では一度に消すというよりは、少しずつ薄くしていくといった方が良いでしょう。薄い刺青ならば一度のレーザー照射で目立たなくなるかもしれませんが、それ以外のものでは何度も利用する必要があります。施術するクリニックによっても異なりますが、多くは2〜3か月に1度のスケジュールで行われます。その目安として約1年間続けると考えた方が良いでしょう。そのため、長期的なスケジュール管理をする必要性があるのです。ただし、施術をやめても刺青が元に戻ることはないため、どうしても施術できなくて間隔が3か月以上空いたからといっても何の支障はありません。その代わり、刺青が消えるまでの期間が延びるだけです。